からつ七つの島とは

 佐賀県唐津市玄界灘に浮かぶ七つの島。

 私たちは、この大小七つの島を「からつ七つの島」と呼んでいます。

 七つの島それぞれに違った魅力があり、島の人々は、島の豊かな自然、文化や伝統を大切にしながら生活しています。

 ぜひ、一度その魅力を感じてみませんか?

からつ七つの島 島留学 七つの島 ななつのしま

向島【むくしま】

からつ七つの島 島留学 向島 むくしま

豊臣秀吉が朝鮮出兵した際の、物見番所として重要な役割を果たした島と言われています。7つの島の中で最も小さい島です。

馬渡島【まだらしま】

からつ七つの島 島留学 馬渡島 まだらしま

本土から一番遠くに位置する島。仏教徒とカトリック教徒が互いを尊重しながら生活しています。有数の釣りスポットも多く、週末になると釣り客で賑わいます。


松島【まつしま】

からつ七つの島 島留学 松島 まつしま

ひょうたんのような形が特長的な島です。

港近くにある教会が訪れる人を出迎えます。7つの島の中で若者のUターン率が高く、活気に満ちています。

加唐島【かからしま】

からつ七つの島 島留学 加唐島 かからしま

佐賀県の最北端に位置し、古くから朝鮮との交流があり代朝鮮三国時代の百済王である武寧王が生まれたとされ、毎年6月には「武寧王生誕祭」が行われます。

椿の島」として知られ、純度100%の椿油は加唐島の特産品です。


小川島【おがわしま】

からつ七つの島 島留学 小川島 おがわしま

江戸時代、捕鯨で栄えた島。島内で一番標高の高い「地の山」には、鯨見張所が残っています。磯遊びも楽しめ、毎年行われる「おいでよ!小川島」では、多くの親子が自然を満喫します。

神集島【かしわじま】

からつ七つの島 島留学 神集島 かしわじま

7つの離島の中で、本土から一番近くの島。定期船に乗り8分ほどで到着します。神集島で詠んだとされる七首が日本最古の歌集「万葉集」に収められており、毎年その歌碑をめぐる「万葉ウォーク」が開催されています。


高島【たかしま】

からつ七つの島 島留学 高島 たかしま

唐津城近くの桟橋から、2キロほどの沖合にある島。

宝くじが当たると有名の「宝当神社」があり、多くの観光客が訪れます。